車 買取価格 店舗|でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。

先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してからネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買取価格 店舗|再び買い取りのための

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、白い部分が妙に目だち安っぽい感じの車に感じるのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、ボンネットのところの色が査定金額に影響すると聞きました。

ならばとカーショップに行ってボンネットの色を戻す方法はないか見ていたら、手軽に艶が出るようなアイテムを見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、艶が出ていい感じになりました。親父からは買い替えたのかと言われた程です。

再び買い取りのための査定をしてもらったところ、前回よりはるかに高額になりました。古いものでもありましたからどうなってしまうのかと思っていましたが、想像以上に高く査定してくれたのでよかったです。気にしていたあの部分も何ら指摘される事はありませんでした。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層ピカピカにすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマの査定を受ける前には、ボディを磨いておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定金額に影響するかもしれません。査定金額のアップと艶を出すための手間とアイテムの費用とを考えてみて、得な気がしたらキレイにするのもありですね。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.