車 買取価格 データ|自動車を売却することになり

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。2台目として所有していた自動車を売却することになり、買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には今の車の買い取り相場が分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると上司に相談するので明日返事するとのことでした。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買取価格 データ|ピカピカにすることが

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分がなぜか白くなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白っぽさが影響しているのかボロボロの中古車に感じてしまいます。一応洗っては見ましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が査定額に響いてしまうそうです。

ならばとカーショップに行ってボンネットの白色を戻す方法はないか見ていたら、手軽に艶が出るようなアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、とても綺麗になりました。隣のおじさんには買い替えたのかと言わせるほどです。

もう一回無料査定を受けたところ、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどう出るかと思いましたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども特に指摘もありませんでした。白く感じたボンネットも前の色に戻すこともできたし、これまでよりもそれ以上にピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを利用する時は、なるべくボディを綺麗にしておく事をお勧めします。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定見積もり額にも影響あると思います。査定額のアップとつややかにするための手間などを計算してみて、損しないと思ったらキレイにするのもありですね。私は1000円の投資で、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.