車を売る 注意点|思いのほか安かったし

新型の登場とともに、旧型の愛車を売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、思いのほか安かったし、車買い取り業者と比較しても15万円以上も安い額になりそうでした。今までは下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差に愕然としました。それにより下取りはやめる方向とし、買い取り専門業者に引き取ってもらうことにしました。

クルマ買い取りのサイトで差を見てみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんに売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると複数の業者に無料の出張査定をしたほうがよいと書いてありました。

3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらったのです。

売却手続きまで含めて1時間位らしいので、土日など休みの日に査定をお願いしました。査定見積もりの結果、概算査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を提示してくれたのです。ネットでは68万円という金額でしたが、76万を提示してくれた業者がいることを伝えると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車を売る 注意点|買い取ってくれる店はないと

初めてで不安感もありましたが車査定サイトを活用して、複数の見積もりを取ってみました。いつもは近所の業者に買い取ってもらっているので、高額で買い取りしてくれるものだと思っていました。

しかし実際に数社と査定してわかったのですが、いつもお願いしているところは相場程度だったんです。うちよりも高く買い取ってくれる店はないと聞いていたので意外なものでした。これまでは相場で売れたら合格と考えていたのですが、もっと高い値段で売れることを知ってしまいました。

今回引き取ってもらったクルマの相場は約50万だったのですが、査定を複数取ってみたところその中で一番の高値が70万円を出してくれそうです。相場以上なら合格と思っていましたが、考えてみれば相場というのは高くも安くもない金額のことでした。

複数の査定をして最高額となった業者は70万で、2番の業者は68万がいっぱいのようです。3位は57万程度で、差が開いていたので、上位の二社に無料の出張査定を依頼しました。概算で1番の業者にそのまま依頼しなかったのは、競合他社がいないと安くされそうだと思ったからです。ネットで見たサイトにも、複数の業者を呼んで比較するのがコツと書いてありました。

出張して見積もってもらったら、概算で70万と言っていた業者が62万程度の査定額になりました。傷や凹みがあるらしいのですが、8万円も違うのかとビックリしました。でも68万と提示していたところは、そのままの提示額で良いと言われました。2番目の業者が最高額を出してくれて、その買い取り業者に売りました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.