車を売る 時間|半年少々で売却することにしました

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車屋さんで見つかりました。ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、半年少々で売却することにしました。まずは近隣の自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万が上限とのことです。このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。これを計算すると、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで売却するはめになっていたかもと思えば助けられたとも言えます。

この状態で持っていくと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もしも売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車を売る 時間|取れているんだなと思いました

あまり出回っていない珍車を売却したら、かなりの高額で売ることができました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べてみたところ、そこにある情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気車種などが高額で売却できるとあったのです。それは海外に向けての話のようでした。日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人が使っていたという、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。日本人の私は、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。それが国内であっても使ってもらえるのはいいですね。クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、高く売れないかや新たな乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよく取れているんだなと思いました。

素敵な日本で、今後も良質な中古車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.