車を売る 掲載|6万もの差が出たのです

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そこで質の良い中古車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで売却することにしました。試しに自宅の近くにある車買い取りショップに査定を依頼したところ、よく頑張っても20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。これを計算すると、約50万円を半年で資産が減ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万円で買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには変わりないのですが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く考えではなかったようです。その為、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車を売る 掲載|どんな査定がされるのかや

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気のあるクルマが高く売却できるとあったのです。それは海外輸出向けみたいですね。日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本製の車ですが、この車も海外で使って貰えるのかもと思ってみると夢が膨らみます。もちろん国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を想像する楽しさがあります。可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかすると海外かもしれず、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

平和な日本では、今後も良質な中古車が求めている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.