車を売る 手続|海外に向けての話のようでした

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本の車は世界一と信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや次の運転手を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、考えるとワクワクします。

どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときには中古車を買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

素敵な日本で、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車を売る 手続|しかしその後喜んで乗り始めたのは良かったのですが

今回売ったクルマなのですが昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で買い替えを考えました。家の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても20万とのことです。この自動車は半年前に総額70万で買いました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定してもらいました。その結果、26万円で買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く手放すことになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く考えではなかったようです。そのため、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.