車を売る 必要なもの|査定士さんが目視することで

新型の登場とともに、所有している自動車を売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなっていたのです。

今まで買い取り業者とかは利用したことがありませんが、初めて査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額の違いに驚きました。結局ディーラーへの下取りは止めることにして、自動車買い取り店に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで比べてみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万から76万まで金額にバラつきがあったのです。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトをよく見てみると2-3社には出張査定を受けたほうが良いですよと書かれていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、査定士さんが目視することで、はっきりした査定額が判るからですね。ネット上では概算は判りますが、目安的なものであり詳細額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらったのです。出張査定の時間は1時間位らしいので、土日に集中的に査定してもらうことになりました。査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者を逆転して、一番高い金額を出してきました。サイト内では70万を下回る価格でしたが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車を売る 必要なもの|一番高い提示額は70万円と

先日初めてネットの車買い取りサイトを使って、10社で査定比較をしてみました。これまでは馴染みの買い取り業者にお願いしているので、高めに買ってくれていると信じていました。しかし実際に複数社に査定してもらってわかったのですが、いつもの業者はそれほど高くなかったようなんです。そこよりも高い値段で買い取れるところはないと話されていたのですが。これまでは相場で売れたら合格と考えていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回引き取ってもらったクルマの相場は約50万だったのですが、比較査定をして一番高い提示額は70万円と出してくれそうです。相場で売れたら満足でしょうと思っていましたが、相場ってことは安くはないというだけです。複数の査定をして最高額となった業者は70万で、2番の業者は68万がいっぱいのようです。次の3位は57万円と、かなりの差となりましたので、2つの買い取り業者に出張査定見積もりを頼みました。簡単査定で1番の業者にそのまま売らなかったのは、複数の業者に競わせないと足元を見られると思ったからです。一括査定サイトでも、複数の業者を呼んで比べたほうが良いとありました。

そしていざ出張査定を依頼すると、70万と出していた買い取り業者は62万円と言われました。傷や凹みがあるらしいのですが、8万円も違うのかとビックリしました。ですが68万の業者は、そのままの金額でいいと言ってくれたのです。概算では2位だった業者が一番高値となったので、その会社に売却しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.