車を売る 営業|そんなこんなと時間が過ぎたころ

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には今の車の買い取り相場というのが分からないので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、色々と入力し通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車を売る 営業|査定額がアップすることと

前に使っていた自動車は、ボンネットの目立つ部分が白い感じがしました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白い部分が際立ってしまいボロボロの中古車に見えてしまうのです。クルマを洗ってみましたが査定をやってもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響があると言われました。

ならばとカーショップに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、艶が出ていい感じになりました。それを見た人からプロにやってもらったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再び買い取りのための査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。年式の古いクルマだったのでどんな結果になるのか心配でしたが、思ったよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。ボディの色なども影響はなかったようです。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、これまでよりもそれ以上につややかにする事が出来たから良かったのかなと思います。

クルマを売る前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば相場以上の査定になるかもしれません。査定額がアップすることと艶出しの為の手間とアイテムの費用とを比較してみて、得な気がしたら手入れするのも良いと思いませんか。私は1000円の投資で、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.