車を売る アメリカ|業者を追い抜き最高の査定額を

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを売ろうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっています。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。そんなわけで下取りは依頼しないことが決定し、自動車買い取り店に引き取ってもらうことにしました。

クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定金額の差が大きいことが判りました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトを参照すると2-3社には無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていたのです。3社で相見積もりを取る理由は、実際に観てもらうことて、確定の査定額が判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、目安でしかなく詳細は実車しだいです。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらったのです。

査定に必要な時間は1時間程度と言われたので、土曜か日曜にまとめて査定を受けることにしました。出張してもらっての査定の結果、サイトで見た査定額2位のお店が1位の業者を追い抜き、最高の査定額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った金額でしたが、76万円の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車を売る アメリカ|車の艶を出しておくなど

前に乗っていた車は、ボンネットのところが白い感じがしました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白っぽさが影響しているのかオンボロ車のように感じるのです。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに伺ったところ、ボンネットのところの色が買い取り査定額に響いてしまうそうです。ならばとカーショップに行って目立っている白い部分を戻せるものはないかなと探していたら、ボディに艶が出るようなグッズを見つけることができました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。母親からプロにやってもらったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

そこでもう一度査定を受けた所、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、思いよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気にしていたあの部分も特に指摘もありませんでした。白く感じたボンネットも元々の色に戻す事が出来、今まで以上に艶やかな感じにすることが出来ました。

車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどを利用して綺麗にすると相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップとピカピカにするための手間とアイテムの費用とを計算してみて、損しないと思ったらやってみましょう。1000円程度のワックスで、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.