車のローン 200万|買い取り価格も40万円と

私の住んでいるところは辺鄙な所で、車買い取りだけをやられているショップはありません。買い取りをしているのは、ディーラーさんかガソリンスタンドだけです。

約5年ほど乗ったクルマを売った時には、面倒だったので近くのディーラーで査定をお願いしました。その査定結果ですが、丁寧に扱ってきた車でしたが30万少々という査定額にビックリしました。

そのため、ネットを使って査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、思っていた以上の高額で売ることができました。無料の一括査定で出張査定してもらうことになったのが、どちらもインターネットやテレビCMで名前をよく聞く買い取り業者でした。所用があったため、午前と午後に1社ずつ査定に来てもらうことにしました。

後半に来たスタッフの方が活気のある方で、この車種でこのボディカラーを探している人がいるので何とか売って欲しいとアピールしてくれました。買い取り価格も40万円と10万の差もあって、そのスタッフさんに売ろうと決めたのです。その業者のスタッフは準備周到で、輸送できる車で出張して来たみたいでそのまま持っていかれました。

手間がかかると勝手に思っていましたが、地元で手続きするよりも断然楽でした。メリットとしては、手続きなどはやってくれることが多く、比較して10万アップになったし、ネットで査定を依頼して本当に助かりました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 200万|損しないと思ったら

以前乗っていた車は、ボンネットが薄白く見えていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白くなっているのが影響して安っぽい感じの車に見えていました。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、ボンネットの白さが査定価格に影響を与えるという事を聞きました。

ならばとカーショップに行ってボディの色を戻すような方法を探したところ、簡単に艶を出す事が出来る商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。友人には新しく車を買ったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

そこでもう一度査定を受けた所、前回とは見違えるくらいアップです。年数も経っている車なのでどうなるのか不安でしたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても特に指摘もありませんでした。白っぽく感じた色も基の色に近づけることができ、より一層つややかにする事が出来ました。

自動車の買い取りを利用する前には、なるべくボディを綺麗にしておかないといけませんね。ボディカラーが気になる場合は、ワックスで磨いておくだけでも査定額が上がるかもしれません。査定価格の上昇と輝きを出すための手間などを計算してみて、損しないと思ったらやってみましょう。千円くらいの出費があっても、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.