車のローン 銀行で|手放す時というのはいずれきます

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、走行距離としては、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが私のような素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 銀行で|思っていた以上の高額で

就職先も決定したおかげで、両親に自動車をいただきました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、その車に乗って毎日の通勤に使用していました。先日本社への転勤が決まり、クルマの処置をどうするかで悩んでいました。

地方であれば車は、必要なものであります。でも電車などが網羅されている都市部においては、クルマを持っていなくてもさして生活に影響や支障とはなりません。おまけに駐車場代や管理費まで考えると、お金的な負担が重くなりそうなのでこの際に売却することに決めました。

家の近くにある、車買い取りショップの店舗があったのでそこに持ち込んで、そのまま査定してもらったのです。想像していなかった評価で金額がつけられ、気持ちが落胆してしまいまいそこでは売らずに、他の車買い取り業者がないか調べてみることにしました。

ネットで調べると一括査定サイトがあったので、すぐに査定をお願いしたのです。車種や走行距離等を入力し検索すると、複数の査定業者とともに査定見積もりを出してくれます。1回の入力で複数の登録が一括でできるので、簡単ですし手間も大きく節約できるので便利です。そうして出た結果、想像以上の高額査定だった買い取り専門店があったので、そこへ売ることにしました。

実際に査定してもらった金額とは大幅に差があったので、比較サイトを利用して本当に良かったと思います。交渉の結果、思っていた以上の高額で売れることができました。クルマを売ることがあれば、無料の査定サイトを活用することをおすすめします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.