車のローン 通し方|買い取ってもらえるそうです

珍しいクルマを売りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。それは海外に向けての話のようでした。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本の車は世界一と思っています。

今回売った車も国産車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を妄想する楽しさもあります。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこを走り、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときには複数の車を売りたいと思っている人がいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。豊かな日本において、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、考えることも多い出来事でした。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 通し方|査定してもらった結果

新型モデルの登場と同時に、今のクルマを売却しようと考えていました。最初は購入時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、思いのほか安かったし、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になるところでした。

今まで買い取り業者とかは利用したことがありませんが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。それにより下取りは止めることにして、買い取り専門業者に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定額は目を疑うほど違いました。8社で査定を受けたのですが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると3社程度は訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていたのです。

3社で相見積もりを取る理由は、実際のクルマをみてもらうことで、はっきりした査定額がわかるからだそうです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考的なものであり決定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定の時間は1時間位らしいので、休日にまとめて査定してもらいました。査定してもらった結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、最高金額を提示してきました。ネットでは70万を切った金額でしたが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.