車のローン 計算|周りに同化できているし

前に乗っていたのは、ボンネットの目立つ部分が白い感じがしました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白さが目立ってやけにボロボロな車に見えてしまうのです。クルマを洗ってみましたが査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが買い取り査定額に影響があるようです。

カーショップに行って目立っている白い部分を戻す方法はないか見ていたら、ボディの艶を出すような商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、驚くほどキレイになりました。友人には新しく車を買ったのかと言われました。

そこでもう一度査定に出したところ、前回よりも査定額がアップしました。年数も経っている車なのでどうなるのかと思っていましたが、思ったよりも高く評価されました。気にしていたあの部分も特に指摘もありませんでした。白く感じたボンネットも周りに同化できているし、今まで以上に綺麗にすることが出来ました。

クルマを売る前には、車を掃除するなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額が上がるかもしれません。査定額のアップと輝きを出すためのワックスなどの費用とを比較してみて、損しないと思ったらキレイにするのもありですね。私は1000円の投資で、数万円の査定アップになりました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 計算|売却しようと考えていました

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を売却しようと考えていました。載っていた車はディーラーに下取ってもらう予定でしたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万円以上も安い額になっていたのです。

今までは下取りしか利用していませんでしたが、初めて査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その査定額の差にビックリしました。結局ディーラーへの下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に引き取ってもらうことにしました。

クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで金額にバラつきがあったのです。最初は76万の業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。複数の業者に査定してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、実際に買い取ってもらえる額が判るからです。ネット上では概算は判りますが、目安でしかなく詳細は実車しだいです。そこで早速3社に出張依頼をして、来ていただきました。

査定に必要な時間は1時間くらいと言われていたので、土日に集中的に査定をお願いしました。査定してもらった結果、ネット査定額2位の査定士さんが1位の査定額を抜いて、最高の査定額を提示してきました。ネットでは70万を超えない金額だったのですが、76万を提示してくれた業者が存在することを知らせると、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.