車のローン 計算の仕方|そんなこともあり

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年で売ってしまうことになりました。まずは近隣の車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。これを計算すると、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万円となり引き取っていただきました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。

それでも44万円減ったことには違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売ってしまうことになったかもと思うと助かります。そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていなかったようです。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。本当に売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 計算の仕方|概算で70万と言っていた業者が

初めてで不安感もありましたがクルマの買い取り査定サイトを使って、10社で査定比較をしてみました。いつもは馴染みの業者に依頼しているので、相場より高く買い取ってくれていると思っていました。

しかし今回査定を複数もらって理解できましたが、いつもの業者は相場以下だったのです。そこよりも高い値段で買ってくれるところはないと聞いていたので意外なものでした。相場より高値で売れれば大成功だと思っていたのですが、もっと高い値段でも売れたみたいです。

今回売った車は52万円が相場のようでしたが、査定を複数取ってみたところその中で一番の高値が70万円を提示してくれました。世間相場の額なら満足できると怒っていたけど、相場ってことは高くも安くもない額ということです。

見積もり比較をして一番は70万の業者で、2番目の業者は68万という額でした。続いて三位は57万円と、かなり値が下がったので、上位2業者に無料の出張見積もりをお願いしました。概算で1番の業者にそのまま依頼しなかったのは、複数の業者に競わせないと安くされそうだと思ったからです。ネットの情報でも、複数の業者を呼んで比較するべきだと書かれていました。

出張査定の時には、概算で70万と言っていた業者が62万円まで値を下げてきたのです。凹みが目立つとの理由でしたが、8万の差は驚きです。でも2番目の業者は、68万でいいよと言ってくれたのです。2番目の業者が最高額になりましたので、その会社に売却しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.