車のローン 確定申告|そのため良質の中古車を

今回売ったクルマなのですが昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで手放したくなりました。まずは近隣の車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。単純に計算すると、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ることになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。そのため、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。本当に売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 確定申告|これ以外のサイトには

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で売ることができました。考えていた以上でかなり高く売却できました。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気車種が高値で買い取ってもらえるそうです。それは特に海外においてという話でした。日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないと考えるとドキドキした感じになりました。もちろん国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売却する時は、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、高く売れないかや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときには中古車を購入したいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。豊かな日本において、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.