車のローン 源泉徴収票|こちらの買い取り希望額は80万でしたから

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力し送信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 源泉徴収票|出してくれました

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっていたのです。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで比べてみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万から76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は最高額の業者さんに売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトをよく見てみると複数の業者に無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。

3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判ります。ネット上でも概算額はわかりますが、目安的なものであり決定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来ていただきました。

査定の時間は1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定見積もりをしてもらいました。出張してもらっての査定の結果、ネット査定額2位のお店が1位の業者を逆転して、最高の査定額を出してくれました。サイト内では70万を下回る価格でしたが、それ以上の業者がいたことを知らせてみたら、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.