車のローン 残り確認|愛おしい気持ちになり

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて台数をへらしてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。ですが私のような素人にはこの車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからネット通信していました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 残り確認|人気のあった車が高くなると思っていたのですが

珍しいクルマを買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってもらえました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットを見たところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気の車種が高く売れやすいとありました。でも条件も書いてあって特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。私の考えも、日本の車は世界一と信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。

車を売却する時は、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや新たな乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときには中古車を買いたいと思っている人がいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

豊かな日本において、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.