車のローン 年齢|そんなわけで下取りは

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万円位安い見積もりになっていたのです。

これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用してみて、その価格差に驚いたものです。そんなわけで下取りは止めることにして、買い取り専門店に売ることになりました。

車買い取りサイトで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万円~76万円まで色々な評価があることがわかりました。初めは一番高い額の買い取り業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは3社程度は出張査定を受けたほうが良いですよと書いてありました。

3社に見積もりを出す理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額が判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、参考的なものであり詳細は車によって異なります。早速複数の買い取り店に連絡を取り、お出でいただいたのです。

売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、休日にまとめて査定してもらいました。目視での査定の結果、概算査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を超えない査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者があったことを伝えてみると、78万まで増額してくれたのです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 年齢|日本のクルマは世界で一番と

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で買ってもらえました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい車は高値で買い取るとありました。そのサイト以外では、認知度が高い車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって特に外国においての話でした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。今回売却したクルマも国産の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ子供の旅立ちのような感じです。車を渡す時には中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。この日本において、これからも上質な車が必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.