車のローン 年収の何割|詳細額ではありません

新型の発売に合わせて、今のクルマを売却しようと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す予定でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっていました。

今まで買い取り業者とかは利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。それにより下取りは依頼しないことが決定し、専門の買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。クルマの一括査定サイトなどで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。6つの業者で査定してもらいましたが、31万円から76万円まで色々な評価があることがわかりました。当初は76万円の業者1社に売却することを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていたのです。

3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、確定の査定額が判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来ていただきました。

査定の時間は1時間程度と言われたので、土日など休みの日に査定してもらいました。目視での査定の結果、概算査定額2位の業者が1位の業者さんを上回り、最高金額を提示してくれました。比較サイトでは70万未満の査定額だったのですが、76万円の業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 年収の何割|喜んで乗り始めたのは良かったのですが

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店で良い車を見つけました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで手放すことになりました。職場の近くの車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。この自動車は半年前に約70万で購入したのです。単純計算では、半年間で約50万も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、6万円低い額で売却することになっていたかもと思えば助かります。そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような準備をしていませんでした。そのため、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.