車のローン 入力|あれもこれもと故障がでてしまい

今回車買い取りをしてもらった車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古自動車販売店で見つけました。

しかし、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売ってしまうことになりました。家の近くの中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。これを計算すると、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売ることになった可能性があったのですから助かります。

このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。もし本当に売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省しています。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン 入力|売れるとあったのです

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買い取って貰えました。相場よりもかなり高く売却できました。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットで調べてみたところ、そこにある情報では意外でしたが、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、売れている自動車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。

国産メーカーの自動車は海外で高い需要があるようです。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣もその理由のようです。私が思うに、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。

今回の買い取り依頼した車も国産車ですが、もしかして海外で活躍するのかもと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。

車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、どこであっても可愛がっていた車なのです。車を渡す時にはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.