車のローン シュミレーション|もの悲しい気分にもなり

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的だったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私には今の車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車のローン シュミレーション|決めることにしそれを調べて

今まで使っていた自動車を売却することになりました。車を買い替えるときにはディーラーでの下取りをしてもらうものだと思っていますが、それ以外の方法もあるらしいと聞きました。それが車買い取りでした。

まだやったことの無いことだったので、取り掛かりが大変でした。ネットを使って調べながら、やっていきました。まずは聞いたことのある一括で査定が依頼できるサイトを決めることにし、それを調べて、そこで一括査定を申し込みました。その結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを選んだのです。

何度か両親が車を買い替えている様子は見ていましたので、どれくらいの交渉の後で売却していたのかは判っています。私が使っていた車の年式・走行距離・ボディの状況を考えても、相場よりも高く買ってはもらえないと思っていたんですが、現実を知らなさ過ぎました。思っているよりも遥かに高い査定額になりました。

これが下取りとしたらどれくらいの価格になるか、ディーラーさんで伺ってきました。その下取り額は、クルマ買い取り業者の一部と同程度でした。でもそれ以上の査定金額で見積もりしてくれるところもあったので、私はその買い取り専門業者にお願いしました。

初めての経験でしたが、順に入力していくだけで、私でも簡単に手続きなどを行う事が出来ました。高額で買い取ってもらうことが出来たお陰で、次の車に買い替えるときの出費に充てることができたので私としては大成功でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.