家と車のローン|特に多いわけでもありませんし

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、買い替えせずに所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ただ素人の私にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちパソコンを持ち出して、いくつか入力してから通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

家と車のローン|今どこを走り何処に留まっているのかなど

珍しい車を買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取ってもらえました。相場よりも高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報ではその通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気車種が高値で買い取ってもらえるそうです。ただそれは海外に向けての話のようでした。

日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本の自動車は世界レベルと思っています。

今回売った車も国産車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもと思うと夢が膨らみます。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。車を売却する時は、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、高く売れないかや新たなオーナーを妄想する楽しさもあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときには中古車を購入したいと思っている人がいて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

素敵な日本で、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.