グランドセフトオート5 車を売る|撤退されてしまいました

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

グランドセフトオート5 車を売る|よく見かける車や

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買い取って貰えました。思っていたよりもかなり高く売却できました。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで確認したところ、ある情報では予想に反して、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。そのサイト以外では、みんなが知っているクルマや人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。ただそれは特に海外においてという話でした。日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人が使用していたからもあり、大切に扱う習慣もその理由のようです。日本人の私は、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、もしかすると海外で使われるのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、高く売れないかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ思い出が蘇る気分です。車を渡す時には中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

豊かな日本において、今後も良質な中古車が求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.