グラセフ5 車を売る|ディーラーか中古車屋さんです

私の住んでいるところはかなりの田舎で、中古車の買い取り専門でやっている業者がないのです。買い取りをしているのは、ディーラーか中古車屋さんです。数年のった車を手放すときは、地元のほうが手間がなくていいと考え査定してもらったのです。ですが、可愛がって乗ってきた愛車が30万ほどの見積もり額にガッカリしました。そのため、ネットで見た中古車の査定サイトで査定してもらったところ、思っていた以上の高額で買い取ってもらえました。一括査定依頼で査定をお願いすることになった2社は、どこもテレビCMなどでお見かけする買い取り専門業者です。私もそうは休めないので、午前と午後に1社ずつ査定見積もりしてもらうことにしました。午後からの業者さんは活気のある方で、今このカラーの車を探している人がいるので査定額も勉強しますと言われました。買い取り価格も40万円と10万上げてくれたので、その業者さんに引き取ってもらおうとすぐに決めました。その業者のスタッフは準備周到で、運転手2名で来ていたようでそのまま持って行ってもらいました。

遠くから来てもらうまでもないと考えていましたが、地元で手続きするよりも手間は少なく感じました。メリットとしては、めんどくさいと思う手続きも準備が出来ているのですぐ終わりますし、相場以上となる40万となり、ネットの査定サイトを活用してホント良かったです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

グラセフ5 車を売る|違いはないのですが

買い取りしてもらったクルマは1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。近くにある車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。単純計算では、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円で買い取ってもらえました。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売却することになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。そんなこともあり、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。次回があれば、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取が一括査定でこんなに差がでるなんて! All rights reserved.